筆者斎藤の手の甲の血管に対する対策など

手の甲の血管

 

仕事などでよく会う人などでも、顔はそれほど老けたイメージがない方もいます。

 

ですが、その人の手の甲をみるとハリが失われている状態で血管が浮き出ているのを見て、老けた印象を受けることもあります。

 

顔などの場合には、スキンケアなどをしっかりと行う方は多いですが手の甲などはしっかりとしたスキンケアなどしない、または職業的に製造業や清掃業などをしている場合には工場などで使用する切削油や清掃で利用する業務用の洗剤などを使用することで、肌に対して負担をかけているケースもあり、年齢以上に肌に対してダメージを受けている可能性などもあります。

 

その他にも、主婦などをしている方などは自宅でお皿を洗う際にも洗剤を利用するため、定期的に洗剤によって肌に負担となり乾燥しやすい点からも、肌の老化などにつながりやすいといえるでしょう。

 

人によって肌質は違いますが、職業的な面や生活の状況によっては、手などに対して負担となる行動や行為をしているという場合には、血管が浮き出やすい可能性もあります。
他人に対して、老けたイメージを持つというのは、人それぞれ違いますが、肌の状態から判断できてしまうこともあり自分も肌の状態が悪ければ周囲からそのように見られる可能性もあります。

 

手の甲の血管対策とは

肌が乾燥し手の甲などがガサガサ状態になると、肌の状態がよくないといえます。
血管が浮き出るような状態とならいないためにも、気をつけるということは大切です。

 

筆者の場合には、スキンケアをしっかりと行うようにしています。
ハンドピュレナのような保湿クリームなどを定期的に利用して肌が乾燥しないように、日々注意しているため比較的肌を見ても年齢相応の肌を保っています。

 

人によって違いがありますが、できるだけ肌の保湿をするということは有効な手段といえるため定期的にスキンケアとして保湿を怠らないようにすることがおすすめです。

 

また、子供の頃でも肌がかなりガサガサの状態となったこともあり、この時期では寝る前にしっかりと保湿クリームを塗り寝ている間に肌が乾燥しないように手袋をして寝ていた時期があります。

 

少しでも肌の状態をよりよく保つなら、冬場など肌が乾燥しやすい時期には手袋をして寝るというのもおすすめです。
それ以外にも室内の湿度なども一定に保っておき、極端に空気が乾燥しないようにすることも肌の乾燥を防ぐことになるため加湿器などを利用するというのも有効な手段といえます。
肌の状態をよりよくするには、さまざまな方法がありますが自分なりの対策などをしてみることも大切です。