手の甲の血管が浮き出るハンドベインの原因と対策
専用クリーム『ハンドピュレナ』

ハンドベインで手の甲の血管が浮く

 

・手の甲の血管が浮き出る、目立つ
・男性みたいなゴツゴツした手になってきた
・手が痩せてきた
・手がガリガリに見える

 

このように加齢とともに手の甲の血管が目立つようになる症状を【ハンドベイン】と言います。

 

「年齢は手に出る」
なんて言いますが、お顔や体型はがんばってアンチエイジングしていても、手にまでは気が回らないという方も多いですよね。

 

手は日常的に人の目に触れ、目立ちやすく、だからこそ「老けた」という印象も与えやすいもの。
手の甲の血管が浮き出て痩せていると、それだけでおばあちゃんのように見えてしまいますよね。

 

歳を重ね、ふと自分の手を見つめると「老けたわ〜」と感じる要因はシワやシミが増えたことだけではありません。
浮き出る血管も加齢ならではのお悩みなのに…

 

かの「マドンナ」のインスタより。


お顔は美顔器でばっちりケアしてますけど、やっぱり手は…
血管もそうですが、筋張ってるのが目立つんですよね。

 

これも、ハンドベインと原因は基本的に同じです。

 

ハンドベインは病気ではなく、誰でもなるエイジングサインの一種ですが、少しでも老けた印象を与えないためにも、浮き出た血管はなんとかしたいもの。

 

手の甲の血管が浮き出るハンドベインの原因と対策を紹介します!

 

”ハンドベイン専用”

老け手を若返らせるハンドクリーム

老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

ハンドベインの原因

手の甲の血管が浮き出て見てるようになった。

 

このような症状を「ハンドベイン」と呼びますが、これは「手の静脈」という意味。

 

手の甲に浮き出て見える血管はほとんどが静脈で、体の末端で使われて汚くなった血液を心臓に返すための血管です。

 

心臓から送り出される血液は「鮮血」と呼ばれるほど鮮やかに赤い色が付いていますが、それが身体の各所に栄養を送り届け、かわりに老廃物を受け取って静脈を流れるときは、どす黒い色に変わっていきます。

 

このため、静脈は皮膚の上からでもわかるほど色がついており、これが加齢による様々な原因で目立ってくるわけですね。

 

手の甲の血管

肌弾力の低下

皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸の減少によりお肌に張りがなくなり、皮膚そのものが薄くなること。
手の静脈は皮膚のすぐ下を流れているため、皮膚が薄くなり、さらに弾力が低下することで皮膚に静脈が累々と浮き出てきてしまうのです。

 

皮下脂肪の減少

皮膚を構成するコラーゲンやヒアルロン酸だけでなく、皮膚の下にある皮下脂肪も年齢とともに減少してきます。
手の静脈は皮膚すぐ下を流れていますので、皮下脂肪があればそこに埋もれてあまり目立つことはありませんが、皮下脂肪が減少することで、浮き出るようになってしまいます。
特に女性は女性ホルモンの低下にしたがい皮下脂肪も減少しますので、50代以降に顕著に目立ち始めます。  

 

静脈の老化による拡張

皮膚が薄くなる、皮下脂肪が減ることもハンドベインの原因のひとつですが、手の甲の血管が浮き出て目立ってくる最大の原因は、静脈そのものが拡張して太くなることにあります。

 

静脈というのは、身体の末端で使われて汚くなった血液を心臓に送り返すための血管です。
このため、動脈とは違って静脈の中には「逆流防止弁」がついています。

 

心臓から血液が送り出されるときは、心臓の強力なポンプによって体の末端に向けて血液が吐き出されます。
しかし、逆に体の末端にはポンプが無いため、心臓に血液を送り返すためには静脈内の弁が働く必要があるのです。

 

この弁が加齢とともに衰えて機能しなくなると、静脈内に血液が溜まってしまい、それによって静脈が太く拡張してしまうのです。
この状態を「静脈瘤(じょうみゃくりゅう」)」と言います。

 

静脈の様子

 

静脈瘤は、特に重力に逆らって血液を送り返さないといけない下半身で起きやすく、下肢静脈瘤という代表的な症状があります。

 

ただ、下半身には「ふくらはぎ」という大きな筋肉があり、この筋肉のポンプで血液を送り返すことができますが、手の先には大きな筋肉がなくポンプ機能が弱いことから、手の甲にも静脈瘤が出来やすいのです。

 

この静脈の弁の衰えによる血管の拡張が、ハンドベインの主な原因と考えられています。

 

ハンドベイン,クリーム

ハンドベインは病院で治療できる?

ハンドベインは病気ではありませんが、手の老化は人の第一印象に大きな影響を及ぼします。
このため、ハンドベインの治療を行っている病院もありますが、あくまでもハンドベインは病気ではないので”美容整形”の部類になります。

 

治療費は全額自己負担となり、それなりの高額に、
ハンドベインを病院で治療する方法と費用については、下の記事をご覧ください。
・ハンドベインを病院で治療する方法と費用とは?

 

ハンドピュレナ

ハンドベイン専用クリーム『ハンドピュレナ』

ハンドベインは、手の甲の血管が浮き出て「老けた」という印象を与える症状。

 

病院で治療する場合は、保険適用外となるため高額な自己負担治療となってしまいます。

 

そこまではしたくないけど、何とかしたい!
と考える方にオススメなのが、手の甲の血管対策専用のハンドクリームとして作られた老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』 です!

 

 

ハンドピュレナを開発した「北の達人コーポレーション」は、数々の健康食品や美容製品でヒットを生み出してきた東証一部上場企業です。
毎年、優れた新商品を表彰するモンドセレクションを多数受賞しており、信頼も実績も十分な会社。

 

その会社が作った「手の甲の血管対策専用」のハンドクリームが『ハンドピュレナ』です。

 

もちろん、美容外科での治療のような即効性はありませんが、一月分2,970円で使えるのが大きな魅力。

 

普通のハンドクリームは、乾燥や手荒れが気になるときだけに使うと思いますが、ハンドピュレナの場合は「夜寝る前」「日中好きなタイミング」の1日2回を毎日継続して、手の甲の肌質改善を促します。

 

個人差があると思いますが、3ヶ月から半年ほど継続で効果を実感している方が多いです!


※ハンドピュレナの購入は北の快適工房オンラインショップからのみとなります。
楽天市場やAmazonでは販売していない・割高になりますのでご注意ください。

ハンドピュレナの公式サイトはこちら♪

▼▼CLICK▼▼

『ハンドピュレナ』公式ショップ

ハンドベイン専用クリーム『ハンドピュレナ』の使い方

ハンドベイン,クリーム
ハンドベイン,クリーム
ハンドベイン,クリーム

 

ハンドピュレナは、パッケージも女性向けでコンパクトサイズ
持ち歩きやすいハンドクリームとなっています。

 

ただし、普通のハンドクリームのように乾燥を感じたときだけに塗るのではなく、
毎日二回と定期的に塗り続けるのがポイントです。

 

人間の新陳代謝が最も活発になるのは睡眠中ですので、『寝る前』には必ず塗るようにしましょう。

 

他には『日中好きなタイミング』とありますが、朝かお昼などが良いと思います。

 

ハンドピュレナのクリームは浸透が早く、いつまでもベタベタしていることが無いので使いやすいです。
香りも強くないので、電車やオフィスで使っても問題ないでしょう。

 

また、本当に効いてほしいのは「手の甲」ですから、手のひらについた分などはティッシュで拭いてしまっても大丈夫です!

 

 

ハンドピュレナの口コミ評価

ハンドベイン,クリーム
ハンドピュレナを使ってみて、自分の肌にあっていると感じました。
半年ほど使ってかなり効果を感じました。
今では人前で手を出すのも恥ずかしくなくなり、とても嬉しいです。
手の甲の血管で悩んでいる人にはぜひオススメしたいです。
51歳

 

ハンドベイン,クリーム
「手の甲の血管」専用のクリームがあることにまず驚きました。
ハンドピュレナを使ってみたら、使用感がとても良くて、手がすべすべになりました。
友達も最近気にしていたので、絶対いいよ!とオススメしておきました。
37歳

 

ハンドベイン,クリーム
手の甲の血管に悩んでいて、ハンドベインという症状だと知りました。
美容外科での治療も考えましたが、費用が高すぎて…
その点ハンドピュレナは大変スグレモノで、価格以上の値打ちがあったと思います。

 

使用感もヌルヌルせずに適度にしっとり感があって大変いい感じでした。
気になる方はぜひ使ってほしいです。
46歳

 

ハンドピュレナの成分と効果

化粧品アドバイザー

手の甲の血管対策専用のハンドクリームという珍しい製品。
その成分と効果について見てみましょう。
(化粧品アドバイザー)

ハンドベイン,クリーム

ハンドピュレナ全成分

【成分】水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ナツメヤシ種子エキス、スイゼンジノリ多糖体、クロレラエキス、ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、クダモノトケイソウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アスコルビン酸、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、アルギニン、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ラベンダー油、カニナバラ果実油、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、セルロース、カルボマー、ジメチコン、シリカ、乳糖、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、デカステアリン酸ポリグリセリル-10、PEG60水添ヒマシ油、ウンデシレン酸グリセリル、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄
★エタノールフリー・パラベンフリー・紫外線吸収剤不使用

 

肌表面を整える【マンダリンオレンジ果皮エキス】

マンダリンオレンジは柑橘類の中でミカン類に属し、漢方で使われる「陳皮」としても知られています。
ビタミンやミネラルを多く含み、果皮がやわらかくて手でむきやすく、酸味が弱く糖度が高いのが特徴。

 

マンダリンオレンジのエキスは、角質細胞にハリを与えることで表面を整え、皮膚深部からの内部反射光(肌の色として認識される光)を増やすことにより、肌に透明感を与える効果が期待できます。
肌のくすみが消えて角層透明度の向上や皮膚明度の向上効果、また皮膚バリア機能の改善効果があるため「静脈の色を目立たなくする」という効果が見込まれます。

 

保湿力で肌の健康を保つ【スイゼンジノリ多糖体】

【スイゼンジノリ多糖体】は、その名の通り水前寺海苔というノリから発見された物質で、化粧品業界では「サクラン」とも呼ばれています。

 

自重の5,000倍以上の水を吸収するという驚異的な保湿力を持っており、肌に塗ることで潤いのヴェールを作り出します。
このヴェールが肌の内部から蒸発する水分をことごとく吸収し、肌の乾燥を防いでくれるため、コラーゲンやヒアルロン酸が失われずに肌の弾力が保たれます。

 

「肌の弾力を保って静脈が浮き出ないようにする」という効果が見込まれます。

 

血管の健康を保つ【クダモノトケイソウエキス】

【クダモノトケイソウエキス】は、南米でとれるパッションフルーツの一種で、種子から得られるオイルは化粧品などに利用されています。
クダモノケイソウエキスに含まれるレベスラトロールという物質は、心血管疾患に対する保護作用が報告されています。

 

ヒトでも血管老化の抑制効果があるとされ「静脈の老化による拡張を防ぐ」という効果が見込まれます。

 

血管の拡張を防ぐ【ナツメヤシ種子エキス】

ナツメヤシ種子エキスは、目のクマの軽減や酒さ性ざ瘡の軽減に効果的な原料とされています。

 

血管の構築を通して血液微小循環に影響し、血液の流れをよくし、滞留を防ぐために目のクマなどを防ぐと考えられています。
「静脈内の血液の滞留を防ぎ、拡張しないようにする」という効果が見込まれます。

ハンドピュレナの効果

ハンドベインにはハンドピュレナ!

『ハンドピュレナ』は ただのハンドクリームではなく血管対策に特化したこれまでになかった専用商品です!

 

ただのハンドクリームならいくらでもありますが、このような手の甲の血管の拡張、ハンドベイン対策に特化したクリームは他にありません。

 

ハンドベインにはサプリや漢方などで対策する場合もありますが、なにせ直接肌に塗るクリームが最も近道となります。
高額な美容整形に頼る前に、まずは自分で出来るクリームでの改善を目指してみてはいかがでしょうか?

 

ハンドピュレナの公式サイトはこちら♪

▼▼CLICK▼▼

『ハンドピュレナ』公式ショップ